太ってきたのかなんだか体が重たいような気が・・・なんて思ってるうちにどんどん体への負担は増えていきます。体重増加による膝への負担から、下半身の病状悪化、腰痛、はたまた糖尿病といったものまで、早いうちに手を打ちましょう。

腰痛の男性

ゼニカルとダイエットに大切なストレッチと睡眠

食生活の欧米化によって肥満は増えてきています。肥満になってしまうと、腰痛や膝痛などの身体的な問題が出てくるとともに、脳卒中や高血圧、糖尿病などの疾患のリスクも高くなってしまうのです。
そんな肥満に効果的な薬として上げられるのがゼニカルです。ゼニカルは経口服用することによって腸内のリパーゼに作用し、腸管から脂肪を吸収するのを阻害します。吸収されなかった脂肪は肛門から大便として排泄されます。脂肪をつきにくくするために効果的なゼニカルですが、ビタミンEやK、βカロテンなどの脂溶性ビタミンの吸収も阻害されてしまうという副作用があります。
そのため、減量するためには食事療法と運動療法によるダイエットが推奨されています。食事は、栄養バランスの取れた脂質と糖質の少ないものを摂取していくことが望まれます。
運動としておすすめなのが、寝る前などに簡単に行うストレッチです。ストレッチを行うことによって代謝を上げることができるようになるだけではなく、血行が良くなり老廃物や水分を排出しやすくなってむくみが解消されるなどのメリットがあります。手軽に行えるストレッチは継続して行いやすくもあります。
食事と運動のほかに見落としがちなのが、睡眠です。痩せるためには質のいい睡眠を確保することが大切です。しっかり睡眠をとることによって脂肪を分解啜るコルチゾールや筋肉の合成を助ける成長ホルモンなどの痩せる効果のあるホルモンが分泌されます。また、睡眠が乱れてしまうと食欲を司るホルモンが乱れてしまったりするため睡眠不足は肥満のリスクを増加させてしまうのです。
ダイエットを行う場合には、食事と運動、質の良い睡眠を継続して行うことを心がけることによって痩せる体質へと変わっていきます。